« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

本日の咲星

近くの公園で咲と母さんが散歩してきました。
たくさんの 落ち葉を 拾って帰ってきましたので、車の中は 枯葉まみれです。

その後、ショッピングモールに行ったら、うんこシールを買わされました。
なかなか いい趣味しています。この子は。。。

そして自宅に帰って、わたしは 畑の手入れをしました。
まったく 作物が実らない畑なので、ちょっとばかり手を加えてみることにしました。
まずは、石灰ばらまいて、酸性土壌を中和してみようと思います。って、勝手に 酸性土壌 って思い込んでいますが、本当のところは良く分っていません。
畑をスコップで掘り起こすと、昔ほど ミミズ が居ませんでした。やはり土が美味しくないのでしょうね
石灰をばらまくと、ミミズさんが 苦しがっていました、これは 効きそうですね。(何が?)
それにしても、隣接して植えている 紅葉 の根っこが、畑まで進出してきて、大変な状態でした。
しばらく、畑を寝かして、根っこなどのゴミを排除して、今度は 肥料をぶちまいてやろうと思います。
Hi381117 Hi381118 Hi381119 Hi381120 Hi381121

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

楽ナビ-バージョンアップ

先日、ステップワゴンに搭載してる 楽ナビ の無料バージョンアップキットが届きました。
これで なにがかわるかって?
よく分らぬまま、無料だったので申し込んだので、よく分っていません。
パイオニアのホームページによると...
1.スマートループ渋滞情報が全道路(約70万km)に対応。
2.楽しみながらエコ度合いを確認できるエコステータス。
3.通信でリアルタイムなガススタ価格情報取得が可能。
4.走り慣れた道路では不要な音声案内などを抑えるサイレントガイド。
5.ナビ画面表示中でも曲名などのAVソース情報を表示。
6.全国の地図や検索データ等も最新の情報へ更新。
個人的には2と3が気になります。エコって最近の流行のキーワードですね

パッケージ裏の注意書きを読むと、バージョンアップの所要時間は140分...長い
処理中に 車を駐車しても、次に電源を入れたら続きからバージョンアップ処理が継続されるので、少し長めのドライブのときにでも やってみっかと思う。
この辺は WindowsのUPDATEも見習って欲しいです。
ノートPCをシャットダウンしようとしたら「更新中です電源を切らないで下さい」と言われても...困りますよ。
Hi381116

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

週末

週末は 少し 家族の時間を過ごしました。
なかなか 平日は 日々の暮らしをするだけで いっぱいいっぱいですから、子どもと遊ぶ時間も無いです。
時間の使い方がへたくそなだけかもしれませんが、どんなに頑張って会社から帰っても19時ぐらい。
それから 子どもを風呂に入れて、夕食を食べると もう寝る時間です。
むかしは、それでも 30分ぐらいは 一緒に ピアノを弾いてあげたりと時間があったのだけど、葵が生まれてからは そんな時間も無くなった

という訳で、週末は 響のご要望の「温泉」へ行きました。
もちろん 貧乏なので、豪華な宿泊&料理つきではなく、日帰り温泉です。
途中に、島根県の 金城ライディングパークの レストランで昼食をとった。
閑散とした寂しさ満載のレストラン、14時頃だったので人は少ないのは当然なのだが、我々ともう一組のみが食事していました
そんなレストランですが、来たのは実は 2回目です。
このレストラン、一品料理に 食べ放題のバイキングがついてきます!!!味を求める人には決してお勧めできませんが、量を好む人にとっては、1100円(ハンバーグ180g)でバイキングが楽しめます。
4歳未満の咲星は 無料です。バイキングのみだったら550円だったので、響はこれにしました。
親だけ 2品注文して......あとは、バイキングメニューを食べ尽くしました。
注文した皿は2つ、残りのバイキングの皿がテーブルを埋め尽くした。
詳しくは こちら http://www.web-sanin.jp/co/kwrp/bihuteki.html

そして、美又温泉、ここはすべすべお肌の温泉です。家族 5人温まりました。http://mimataonsen.jp/

帰りは 日本海まで足を伸ばし、海岸沿いをドライブして、帰りました。
もちろん、運転するステップワゴンの後部シートは布団搭載で、チビたちもぐぅぐぅ 寝ていました。

連休最終日は、咲星の七五三写真を撮りに行きました。
Hi381109

Hi381111Hi381112Hi38111411241124001

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

学習机メモ

とりあえず必要な材料をメモしておく。突然の外出先でのホームセンター訪問に備えて....

■ 学習机本体
 ■ 材料メモ
  1.天板:30×700×1100 = 1枚
  2.天板裏:1セット分
   ①縦方向:19×85×L600 = 3枚
   ②手前横方向:19×89×1000 = 1枚
   ③奥横方向:手前横と同じ = 1枚
   ④底板:12×570×1000 = 1枚

  3.奥足:1セット分
   ①脚部:30×105×695 = 2枚(左右)
   ②筋交:25×100×790 = 2枚(上下)

  4.側面足:2セット分
   ①脚部:30×105×695 = 4枚(前後)
   ②筋交:25×100×450 = 4枚(上下)

  5.引出:2セット分
   ①側面:13×65×450 = 4枚(左右)
   ②前背面:13×65×444 = 4枚(前後)
   ③手前板:30×95×493 = 2枚
   ④底板:3×432×452 = 2枚(4mm程度 側面板に掘り込み固定)

■ 袖机(引出)
 ■ 材料メモ
  1.天板:18×450×480 = 1枚
  2.本体枠:
   ①横板:19×89×414 = 5枚(天井3枚、中段1枚、下段1枚)
   ②底板:18×414×450 = 1枚
   ③側面板:18×450×490 = 2枚
   ④背面板:3×422(横)×476(縦)= 1枚

  3.引出(上2段分)
   ①側面:13×55×400 = 4枚(左右)
   ②前背面:13×55×362 = 4枚(前後)
   ③手前板:30×90×448 = 2枚
   ④底板:3×370×382 = 2枚(4mm程度 側面板に掘り込み固定)

  4.引出(下段)
   ①側面:13×200×400 = 2枚(左右)
   ②前背面:13×200×362 = 2枚(前後)
   ③手前板:30×284×448 = 1枚
   ④底板:3×370×382 = 1枚(4mm程度 側面板に掘り込み固定)

  5.キャスター:5つ
   ※高さが 57mmである事!
    計算上は これでも 机本体の下に置いて 30mm余裕がある

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EXPO'09広島

仕事の関係で、コンピュータ&ネットワークEXPO'09広島 を見学に行きました。
まずは、「日本のインターネットの父」と呼ばれる、慶応義塾大学の 村井教授 の基調講演を聞きました。
さすが、インターネットの父っ!基調講演だけに貴重なお話を聞けました。
たまには、こんな講演を聴くと、自らモチベーションUPに繋がるので、参加する意義はあると思いますし、なにより、我が町 ひろしま が今後、ITによって どのように暮らしが便利になるかも興味ありますしねっ

ただ、参加者の「インフルエンザ意識」は低いことにビックリしました。私は職場の関係(もちろん家族にとっても)で、マスクを着用して講演に参加しましたが、ほとんどの人がマスクしていませんでした

で、村井教授の講演のあとは、各社が出展しているブースを見学する事にしました。
もちろん仕事のための情報収集ですが...半分は記念品目当てとの説もありますがねっ
残念ながら、任天堂DSiや、iPod、ネットブックなど豪華商品は当たりませんでしたが、こまごまと粗品を頂戴しました。ありがとうございます。
・ひざ掛け
・鯛焼き形 カイロ(何度も使える優れものっ)
・野菜の種
・マイ箸(しかも、シスコのロゴ入り、ちょっとレアじゃない!?)
そして、粗品を巡って、響と母さんが喧嘩してました。響と咲星ではなく....
Hi381106 Hi381107 Hi381108

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

虫かご作り

響、なぜ君は、空き箱を見つけると、すぐに「虫かご(自称)」を作るのだ?まぁ、ものづくりは頭を鍛えるのに役立ちそうだから、とりあえず良いが...それにしても玄関先や庭先は、虫かごだらけだよぉ...

なんか、貧乏くさい兄弟やなぁ....咲星なんか、下から肌着が出ちょるし...まぁ、えっか。

Hi381105

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

飯時に泣く

たこ焼きマシーンでたこ焼きを焼いた。
2つ分を1つに結合したら、とんでもなく大きなヤツが出来た。
なかなか楽しい
このマシーンは購入当時は十分な大きさと思っていたが、5人家族になると.....食べられるペースが作るペースを上回ってます。

それにしても、どうしてなんだ?
飯の時に必ずおお泣きし始める、この子は..たこ焼きと食わせろとばかりの大きな口を開けて...Hi381103Hi381104

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

買い物

イオン系のお店に出かけた。
チビが3人もいると、それぞれが それぞれの思うがままに行動するため、なかなか目的が達成できない。
だから つい長男である 響 に我慢を余儀なくさせる。かわいそうと思うが、これが長男の宿命なのだろう。
わたしは次男だからそんな経験は微塵も無いが、兄にはあったのだと思う。

そんなわけで、当初は危ないと思いましたが、咲星と一緒に響をアンパンに乗せました。
響は 結構 真剣な表情なので微笑ましい。自分が操縦している気分なのでしょう。

本当の目的のひとつである、ランドセル 視察...とりあえず商品は決まったけど、すぐに買って与えるのは響にとって幸せすぎる事なので、もう少し買うのを待つことにしました。
すると、その日の夜から 響の生活習慣が 少しよくなりましたが、本人に聞いたら「ランドセルが欲しいから」と素直な回答が返ってきた。
「ランドセルが欲しいから、良い子にするんぢゃなくて、みんなから好かれて欲しいから、良い子にするの方が良いんじゃない?そうすれば 響を好きな人が増えて、もっと良いことがあるかもよっ!」と言ってはみたものの、多分理解できていないだろう。
わたしが皮職人だったら 作ってやっても良いのですが、さすがにVBでプログラムしか組んだことはない私では、ランドセルは作れませんね。
かわいそうなので、とっとと買ってあげるべきなのでしょうが...

Hi381094 Hi381098

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

初風呂

葵さんと初風呂です。
いつも ベビーバス に沐浴剤を入れてお風呂にいれていますが(といっても99%は妻がしてます)、中腰の姿勢は年寄りの体にはこたえるのでした。
だから、本日は 最後のお風呂ということもありましたので、葵さんと一緒に湯船につかることにしました。
いやぁ~予想以上に楽チンです。
それにしても毎日 これを一人でこなしている 妻には ありがとう の一言に尽きます。ありがとう。。。
Hi381091_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

就学に備えてメモ

響は来年から小学生です。いろいろと準備したい事があります。
まず、ランドセル...イオンのランドセルのCMが流れると、響が食いつく。
いろいろなカラーバリエーションが選べるので、響がとても興味を持っている。
このランドセルは安いので、「他ヤツが良い!」と言う前に、買っておこうと思う。 次、学習机...機会があって建築関係のK先生と話することができた。
先生曰く「子どもには是非手作りの机を作ってあげて欲しい」との事。
2×4の木材でベースを、天板はちゃんとしたヤツを使えば、十分良いものが出来るそうです。
先生のご好意で「材料は自分で準備さえすれば、うちの工房で道具も使って良いよ!アドバイス等しっかりサポートするから!」と...ちょっとDIYしてみたくなりました。
ご自宅の電話番号まで教えてもらっちゃって...先生の勢いに負けそうです。
ちなみに木材関係は「○村ジョイ」が品揃えが良いらしいです。 子ども部屋...K先生曰く「子ども部屋はできるだけ与えない。兄弟同室!」がお勧めらしい。
そうすれば「共有」のセンスが磨かれるからとの理由もあるとの事。たしかに...同感です。
咲星が部屋を欲しがったら、2階の子ども部屋(縦長12畳)を仕切って2部屋に分割しようと思います。
そしてK先生が再び...「そのときには、わたしが手作りの仕方を伝授しますよ!」との事。
ありがたや〜〜。 その前に...ダイニングテーブル...小さすぎて家族5人は一緒に食卓を囲めません。
こいつももしかしたら自作できるかも!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

模擬店に参加しました

昨日 11/1は 職場のイベントで模擬店(オムソバ)を出展することになり響と参加した。
私は キャベツを蒸す係、響は子ども店長兼 焼きそば麺をほぐす係 でした。
当初「響はすぐに飽きてダダをこねる」と思っていたのですが、最後まで一生懸命に手伝ってくれました。
そんな響の一生懸命の姿をみると「お兄ちゃんになったな〜」と実感しました。 その日は突然の豪雨にも関わらず 4時間もほどで300食以上を完売する大盛況で、私も響もお疲れ顔でした。 響に感想を聞いたら「最初はちょっと嫌だったけど、しばらくしたら慣れてきて、良かったよ」との事。
こいつには人見知りをしない人付き合いのうまい人間になって欲しいと思う。それには親が率先して社交的にならんといけんと感じます。 一夜明けた会場は、すっかり秋の空気が漂っています。昨日までの賑わいが嘘のようです。


寒いっ
Hi381092

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »