« めたぼ | トップページ | 習字セット »

今年の8月6日

今年の8月6日は例年と違うようです。
広島市内、特に平和記念式典が開催される平和公園では、6日に備えて準備が整っているようです
私が小学生だった頃は、8月6日の前後1週間は、原爆に関するテレビ番組も多く流れていたように記憶するが、最近はほとんど見ることがありませんね。
時代は変わりつつあるのでしょうか...核心部分の“恐怖”に関する部分は、オブラートに包まれているように感じます。
全てを子どもに伝える事の是非については、正直ノーだと私は思う。少なくとも最近の低レベルなテレビ番組では、戦争の恐ろしさを本質で伝えることは出来ないと思うからだ。
それでも、大人たちに伝え続けることはイエスだと私は思う。大人たちがもっと戦争の恐ろしさを理解し、日常生活で子どもたちにそれを伝えることができるなら、それはとても素晴らしいことだと思う。
いつか、我が子を引き連れて 平和公園に行こうと思っている。できれば8月6日の式典の雰囲気を味わってもらいたい。

今年は初めて、原爆を投下した国、アメリカ の駐日大使が式典に出席するらしい!これはとても素晴らしいことだと思う。

|
|

« めたぼ | トップページ | 習字セット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子どもさんをつれて平和公園へいく… なんと素晴らしい!

私か小学生の頃は 「夏休み=戦争学習」のイメージが強かったです。
広島にいたからこその貴重な体験だったと思います。原爆だけでなく植民地支配も結構やりました。


ちなまに今は国歌となりましたが昔は違ったので、自分は君が代の歌詞を知らないし、歌ったこともありません。
これも戦争学習のしこりなのでしょうか…

投稿: ゆうまに | 2010年8月 5日 (木) 07時28分

ゆうまにさん>
そうですよね。昔は夏休み=戦争学習な感じはありましたよね。昔は6日を中心にどこの放送局も戦争の番組をやっていましたし。。。最近は、どこも低レベルな番組ばかりで、せめて広島・長崎の原爆投下の日は、それに関する番組を組んでもらいたいです。はやり、テレビに頼らずに自ら平和を語るなら、平和公園に足を運べと言う事ですかねっ!たしかに、ここで批判するよりもまず、偽善者ぶらず、自分の足で行動することが先のような気がしてきました。1年半前は毎日平和公園を横断して通勤していて、平和公園の存在を気にしていませんでしたが、そんな生活から離れた今、平和公園の存在を気にし始めるんだから、もともと私には平和意識なんて無い人間なのかもしれません。

投稿: かぢ | 2010年8月 6日 (金) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250528/36002055

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の8月6日:

« めたぼ | トップページ | 習字セット »