« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

小学生時代に遊んでいた実家の裏山にて

小学生のころに、よく友達と一緒に遊んでいた裏山。響と葵と3人で散歩してみた。
葵はおんぶなのでしんどかったが...

何も変わっていない。というか、昔の記憶を頼りに、山道を歩くが、途中から道が良くわからなくなった。
それでも、雰囲気がとても懐かしい。

1~2時間ぐらい散歩しただろうか...どうしても見つけることができなかった。
できれば、昔、遊んでいた場所 「通称、ハゲヤマ」に行きたかったのだが...
ちなみに「ハゲヤマ」とは、山の木々が伐採され、地肌が露出した山肌で、ダンボールや竹スキーですべって遊んだ遊び場である。
小学生のころ、滑っていたら、尻に敷いたダンボールが外れ、ズボンで直接、ズズズズ~と滑り降り、ズボンの尻が裂け、恥ずかしい思いをした事が、いまだに忘れられない、苦い思い出である。

途中、軽乗用車(マニュアル車)を操る婆さんが立ち往生...「兄ちゃん!(ここまで一本道の山道をバックで下がって来たが)あと一息のUターンが出来んのじゃ!助けてくれ!」と...久しぶりに乗るマニュアル車にワクワクしながら、狭い山道をハンドルを切り返しUターンすると、婆さんは喜んで去っていきました。
そんな婆さんは、運転は決して下手ではなく、むしろ 最近のオートマ限定の若者たちと比べれば、はるかにドラテクは上である。
帰り際に、婆さんが窓を開け「兄ちゃんたち、ありがとうのっ!」とお礼を言ってくれた。そんなお礼を言いながら、(おそらくセコで急坂を上っていたため、)失速しかけた軽カーは、コンコンコンコンとノッキングしながらも、すぐさま婆さんはサイドをギギッと引っ張り上げるやいなや、ローにギヤを入れなおし、そのまま坂道発進!その間、わずか1秒あまり...いとも簡単にこなす、熟練されたテクニックの持ち主である。恐るべし田舎の婆さん。
101128_105502 101128_105801

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なかなか やろうと思っても出来ないこと

幼いころに、マジックで 眉毛 をかかれた野良犬を見たことがある。
あれはあれで、眉毛を書いた 悪がきは 勇気が必要だったと思うし、それに対しては一応の敬意を払っていたつもりだ。が、倫理的・道義的にいかがなものかと感じている。
そうは、いうても、いたずら書きというものは、いつの歳になっても、そそられる行為である。
悪いとわかっていても、建物に落書きする輩はたくさんいるのも、事実である。

まさか、自分の子どもに....と思うかもしれんが、魔が差したといえば、それまでだ。
最近、葵が 調子よく 号泣するもんだから、ついつい イラッとしたわけです。
それでも 虐待(体罰?)は良くないと心に言い聞かせ、結局、落書き というところで自分なりに折り合いをつけてみた。
これが、意外と イラッと感を沈めてくれるのである。大きな声では言えないが、お勧め である。

101127_194102

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちゅーぴーぱーく

ちゅーぴーぱーくに行った
かみさんが、雑貨屋のイベントに行くというので、わたしは子守で付き添いです。
芝広場で、葵を放し飼いにし、
流れるプールでは、響にボートを運転させ、
まったりと過ごした。
101121_120801 101121_123603

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

庄原備北丘陵公園ウィンターイルミネーション

毎年恒例の備北丘陵公園のウィンターイルミネーション。点灯式初日に行ってみた。
ここ庄原は結構 冷え込む
まぁこの時期、朝方の気温が氷点下になるぐらいなんだから、日没後の冷え込みはかなりのものだ。
考えれば当たり前だが、考えていないのだから、防寒対策も完璧ではない...
今年は、北側の駐車場に車を止めて、園内は無料バスで移動してみた。
さすがに子ども3人でバスに乗るのは しんどい。
今度は、園内も車で移動しようとおもう。(正面ゲートの駐車場は、若干空きはある様子だった。というか、無理やり隙間にとめている人も見かけた。)
ちなみに、北側の駐車場付近のイルミネーションの方は、見物客もほどほどで、その割には結構きれいな飾りが多い。実は穴場だったりする。
Ts3w0011 101120_172301 101120_183401 101120_183601 101120_183701

自宅への帰り道、中国道を高田ICで途中下車し、温泉に寄った。ここ 神楽門前湯治村 は、昔ながらの街並みを再現した施設になっており、お土産屋から宿泊施設や併設の食事処、日帰り温泉客も利用できる休憩所や、定食屋、奥には神楽の舞台小屋らしきものもあり、お年寄りにはウケルんじゃなかろうか!という施設です。両親を連れて来てもよいと思った
実際、親子家族(爺さん婆さんとその息子夫婦)のような家族も、食事処でくつろいでいるのを見かけた。通常の土曜日の夜だが、駐車場はほぼ満車で、宿泊客も多くいたように思える。ただ、温泉は貸切状態だった。宿泊客も、日帰り温泉客と同じ温泉を使うと思うのだが、男湯はわたしと子ども達だけだった。20時台でこの貸しきり状態は、なかなか良い。
施設自体も小奇麗にしているし、脱衣場に冷水も置いてある。風呂上りの冷たい水を飲むのは、かなり気持ちええもんじゃ。
101120_211002

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

響とラジオ

昨夜は響と一緒に寝た
先日買ったbluetooth ヘッドホンmw600にはラジオが付いています
ヘッドホンを左右響と分け合って 一緒にラジオを聞きました
響にとってはかなり新鮮だったようで、聴き入っていました

「この歌 何人で演奏してるんだろ ギターが二人で太鼓が一人かな」

よっぽどTVよりも感性が磨かれると思った

今日は独りでラジオを聴きながら眠るとしよう

十代にラジオを聴きながら試験勉強してた頃が懐かしいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三滝少年自然の家・グリーンスポーツセンター

ここは山中にある少年自然の家...かなりハードなアスレチックコースがある。
建物自体が山の斜面にそって建てられており、かなり無理のある施設である
かなり古い施設だが、若い学生(たぶん福祉関連か教育関連の学生)が活動に利用しており、なかなか賑わっていた。
本命のアスレチックだが、山の急斜面に所狭しとアスレチックコースが作られており、かなりハード
子どもたちは、あるいみ命がけのような遊具もあったりする。これで死人が出ていないのだから、意外と現代の子どもたちもタフなのか、単に親が気配り過ぎて冒険心を持った子ども(無茶をする子ども)がいないだけか?

まずはちびたち三人で昼食(お弁当)
101114_130402
山の急斜面を滑り降りる。(この滑り台...ワックスが塗ってあるんじゃないか!?ってぐらいスピードがでて怖い)
101114_133901
葵くんは、とてもじゃないが、このアスレチックでは遊べません。
101114_140801
かなり足がすくむつり橋
Ts3w0005
秋または春先がお勧め!(夏はかなり汗だくになると思われる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

携帯を買い換えました

最近、ケータイ機種変が高い!

ふと、ケータイの通話明細を見ていると、気づいたっ!「なんだ、フルサポートプランとは?」
そう...最近AUケータイを機種変した人なら、シンプルコースかフルサポかの選択ができたのだが、私のように長年機種変していないヤツには、勝手にスルサポコースになっているのです
そしてそのフルサポ...基本料がシンプルコースの2倍ぐらいしてたんですっ!!!

さっそくコース変更を試みたが...機種変しないとシンプルコースに変更できません!とのこと。
結局、したくもない機種変更で高額の端末を購入することを引き換えに、シンプルコースへ乗り換えたのでした
せっかくなので、めっちゃ軽いスリムなケータイが欲しかったので、機種変検討1ヶ月待ち...X-RAYが発売されたので、即効購入しました!
機種変...42,000円也っ!
これは良い!機能は少ないが私には十分!なにより軽量でスリム!Yシャツの胸ポケットに入れても邪魔に感じないっ!

ついでに、MW600(Bluetoothヘッドセット)も購入しました。
久しぶりに、いい買い物をしました。
Xray Mw600

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ひじき(ハムスター)が亡くなりました

8月に生まれたハムスターを 9月に飼い始めて、わずか2ヶ月あまり...ハムスターのひじき君は永眠されました
子どもたちにとってよい経験になったと思います。
ひじき...短い間でしたがありがとう。そしてごめんなさい。
ひじきの亡き骸は、庭先の金木犀の下に埋葬しました。秋に金木犀が香るたびに思い出すことでしょう
101108_112901 Hi382009 Hi382010

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

公園(五日市の図書館隣)

ここの公園は図書館に車を停めれるので、図書館に来たついでに遊べる公園です
公園は大きな木々があるので、木陰もあり夏場も遊びやすい公園です
Hi382001 Hi382003 Hi382004

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »